CB750買取査定相場

自治体の独自ナンバープレートでのアピール

ご当地ナンバーなど、ときおり話題になるナンバープレートの形や色などはすべて決まっているかというとそうではありません。
地方自治体が管理する原付などのバイクについては、プレートの形や図柄などを変えることができます。
2007年に愛媛県松山市が雲型のナンバープレートを導入したのをきっかけに、様々なナンバープレートが交付されています。
ちなみに、松山市が雲形にした由来は、司馬遼太郎の小説が松山市を舞台にしたからだそうです。また、表記についても、松山市から、同市に道後温泉があることから、道後・松山市と変えてアピールしています。
他にも、ナンバープレートの形を変更したものとしては、埼玉県加須(かぞ)市は、こいのぼりの生産数が日本一なのをアピールするために、こいのぼりの型、岡山県総社(そうじゃ)市は、画家の雪舟が描いた鼠ににちなんで、ネズミ型です。
他にも、各自治体の出身あるいは在住の漫画家にちなんだキャラクターのかかれたナンバープレートなどが交付され話題になっています。最近では、千葉県佐倉市でルパン三世のナンバープレートが3000枚限定で交付されました。佐倉市に所有登録をすることが対象の条件ため、ナンバープレート欲しさに佐倉市に所有登録をする人もいるようです。